トレードスタイルについて

未分類

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

こんにちは、風は冷たいですが、今日もいい天気ですね。毎朝ベッドから起きるのに時間がかかってしまう季節ですが。。。

ということで、今回はトレードスタイルについて紹介していきます。

FXにはいろんなトレードスタイルがあります。

・スキャルピング

・デイトレード

・スイングトレード

これらのトレードの違いはというと、ポジションの保有時間の差、狙うべきpipsの差です。スキャルピングからスイングという感じで、ポジションの保有時間は長くなります。

スキャルピングでは、数秒から数分の間にトレードを完結させるため、10pips以下で利確をするのことが多いです。

デイトレの場合は、数十分から数時間で20pips~100pipsを目標にします。

もっとも長いのはスイングトレードで数日から1週間程度もポジションを保有して、狙うべき利幅は100pips以上です。

狙うべきpipsが大きければ、損切の幅も自然と広くなるという感じです。

では、各トレードについての注意点やメリットデメリットについての紹介です。

・スキャルピング

ポジションの保有が短いため、突発的な事件(テロや天災による急激なレートの変動)に巻き込まれにくいです。完全に回避できるか?というとそういうわけではありませんが、確率は低くなりますよね。見るべき時間足は1分足や5分足です。パッとエントリーして、パパっと利確する。仕事に対する時間効率が最も高いかもしれません。

しかしながら、私はスキャはおススメしていません。サラリーマンなどは平日の昼間は仕事をしているので、夜の限られた時間で利益を出す必要があるため、スキャルピングが人気ですが、ちょっと待ってください。

デメリットが多過ぎるのです。まず、利確pipsに対して損切pipsが大きくなってしまうことです。スキャルピングは10pips以下で利確をするため、損切もそれ以下にしておきたいところです。しかしながら、スプレッドという手数料がある限り、利確pips:損切pipsを1:1にしたとしてもスプレッドの分だけ必ず負けてしまいます。

さらには、損切幅が狭すぎるがゆえに、ちょっとしたレートの上下動で損切に会ってしまう確率が高い。ゆえに、損切幅を広くするのですが、そうなると勝率を上げる必要がある。

一般的にトレードでの勝率は60%だと言われています。それはどんな手法であってもその程度です。私も10年以上やっていますが、1年間を通してもそれくらいに収束していくものなのです。

であれば、リスクリワードが1を切るようなトレードは辞めるべきかと。実際にスキャルピングで稼ぎ続けるには、最低でも勝率は80%以上を超える必要がありますが、そんなって実際にできるの?

また、1分足などは買いと売りの目線の転換が早いです。要は切替を早くしないと、連敗してしまう。ドテン・損切を瞬時に判断しないと、稼ぐことが難しい世界なのです。

初心者の人にそれができる???

あとは、集中してチャートを見ておく必要があることです。チャートの張り付くということは、それだけ神経をすり減らすことになります。それでいて、確実に勝てるのであればいいですが、負けることも多いわけであって。。。

血眼になってエントリーポイントを探してトレードをするのって、労働に近いですよね。。。

なので、私はスキャルピングはやらない。

せめて、デイトレードやスイングでゆっくりとトレードをする。そのほうが精神的にも安定できるし、チャートの分析も時間をかけてできる。

なんといっても、ゆとりというか余裕ですよね。時間的に余裕がないと、稼げるものも稼げない。焦ってトレードをしても、はっきり言っていいことはほとんどありませんから。

ただし、スイングなどは数日間ポジションを保有するので、経済指標や大きな事件に巻き込まれることもあります。さらには、損切の幅も広いので連敗してしまうと、精神的にかなりきつくなってしまうのは否めません。損切額を決めてポジションを持つので、資金が爆発的に増えることは正直言ってありません。連敗だってするでしょう。しかしながら、1回のトレードで300pipsとか取れてしまいます。

昔、1勝9敗でも勝てるトレード、という本がありましたが、スイングはそんな感じなのです。スキャルピングは毎日が勝負なのに対して、スイングは1ヵ月単位で収益を考える。

どちらがいいのかは個人個人で違うかもしれませんが。。。

となると、その間に位置するデイトレードが、一番バランスがいいかもしれませんね。

別に毎日トレードをする必要はないのですが、日中は仕事をしているサラリーマンでもニューヨーク時間だけチャートを見る。もしエントリーできなかったとしても無理にエントリーしない。1週間単位で収益を考えるようにする。

といった感じでしょうか。ということで、今日はこの辺で。次回は、デイトレードのエントリー回数を増やす方法について紹介していきます。

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

未分類
adminをフォローする
FXのプロが教える初心者でも分かる相場分析 おすすめのやり方を教えます

コメント