相場分析のやり方_ユロドル_ポンドル

相場分析

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

おはようございます。今日は8月14日の土曜日です。

今年はお盆休みが土日と被るから、公的機関や銀行はお盆休みがなかったらしいです。

しかしながら、一般企業はというと今週頭から1週間休みのところもあって。。。

半導体関連の忙しい業界はめちゃくちゃ忙しいと思っていたのですが、そうでもない。なぜかと聞いたら、部品が入らない。。。

さらには、会社から休め休めと言われてるみたい。

サラリーマンは本当に守られてますよね。休みは取れ、給料は上げろ、首は切るなって国が言うんですもん。

馬車ウマのように働いた昭和の時代が本当に懐かしい。24時間戦えますか?なんていうリゲインのCMは今となってはNGでしょうね。

そんなこんなで、今日はユロドルとポンドルの週足をみて長期的な戦略を立ててみようと思います。

まずはユロドルの週足のチャートです。

主要なラインを赤で示しています。週足の上昇トレンドラインを割っています。しかしながら、今週はWトップのネックラインである1.17で綺麗に反発しています。ここを下抜けするかどうかがひとつのポイントです。もし抜けるようであれば、1.115あたりまでのスペースを埋めに行くのでは?と考えています。

もちろんこのまま上昇することも考えられます。その理由は、前回の高値を付けた始点である1.16をまだ割っていないため、ダウ理論的には上昇相場なのです。来週に下落がでて1.16を陰線の実体で下抜ける、もしくは上昇トレンドを再度上抜けすることで大きな流れが確定するのではないかと考えています。

次はポンドルのチャートを見てみましょう。

ポンドルの上昇トレンドを下抜けています。ダウ理論で考えると、前回高値をつけた始点をヒゲ部分ですが下抜けています。

したがって、このまま下落するようであれば、大きな下落が見込めるのですが。。。

流れはドル高なので、可能性は大きいのではないかと考えています。

下落の関門は水平ラインでひいた1.35のラインです。このラインでサポレジ転換は大いに考えられます。

ということで、今日はこの辺で。来週もいいトレードを。

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

相場分析
adminをフォローする
FXのプロが教える初心者でも分かる相場分析 おすすめのやり方を教えます

コメント