相場分析のやり方_ユロドル_0305

相場分析

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

こんにちは、今日は3月5日の金曜日です。

3月初めの金曜日、しかもゴトー日です。ドル円は買ってもいいかと思ったのですが、ちょっと騰がり過ぎ。

ということで、今日の主な経済指標は以下の通りです。

・22時30分:米)雇用統計非農業部門雇用者数/失業率/製造業雇用者数/平均時給

今日はアメリカの雇用統計があります。流れはドル高モード。全通貨でドルが高くなっています。ここ最近の雇用統計はパッとしませんからねぇ。

では、金曜日なのでユロドルのチャートを見ていきましょう。

まずは日足のチャートからです。

1.22の高値を付けてからだんだんと下げている状態です。昨日は前回の安値付近まで下げてきました。もしここを割れるのであれば、レンジの下限である1.17あたりまで見ています。

シナリオ的には1.197のレートあたりで揉むと思われるので、どちらに動くのか、反発するのか下に抜けるのかをしっかりと見極めてからのトレードがおススメです。例えば、反発するようであればロングで、下に抜けるのであればショートでといった感じです。

では1時間足のチャートを見てみましょう。

実は今回のユロドルのチャートってわかりやすかったのではないでしょうか。例えば、1.21のラインに注目です。前回の安値で1.203を下抜けしてから1.2付近まで下落。その後の戻り売りのポイントとして1.21が大きく機能していました。1.21はキリバンであると同時に1.22の高値を付けたときの始点です。1.20付近から1.21まで一気に上がったのはちょっと意外でしたが、後からチャートを見るときっちり1.21で反落。サポレジ転換ってヤツが見て取れます。そうなると、次のターゲットは1.2です。途中、1.203付近でちょっと揉まれましたが、流れは↓方向だったので、やはり下に抜けることに。となると、1.20を目指す動きです。さらには、この1.20を抜けた場合は、日足のターゲットである1.197あたりまで一気に下落といった感じです。1.21から考えると、130pips程度は取れる動きでした。では、今日の戦略はどうすればいいかというと。。。。

ここまで一気に動いたのは1.197あたりでレンジを組むかとみています。東京時間はあまり動かないかと。。。動くとすれば欧州時間からですが、金曜日だし雇用統計もあるし、ちょっとポジションを取りずらいかなという印象です。であれば、日足の説明の通り、どちらかに動いてからの戻り売り・押し目買いというのがセオリーかと思っています。

ということで、今日はこの辺で。今日もいいトレードを。

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

相場分析
adminをフォローする
FXのプロが教える初心者でも分かる相場分析 おすすめのやり方を教えます

コメント