相場分析のやり方_ドル円_0810

パーフェクトオーダー 相場分析 ドル円

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

こんにちは、今日は8月10日月曜日です。

東京市場は祝日のためお休みです。

連日コロナコロナばかりでちょっと飽きてきましたね。

マスコミもいい恰好のネタなんでしょう。

今日は主要な経済指標もありませんし、仕事がお休みの人も多いから短期で取りまくりましょう。

では、ドル円の日足チャートです。

金曜日は雇用統計でしたね。指標自体は予想よりもいい結果でした。指標自体で大きく動くことはなかったのですが、結果的にドルが大きく買われる結果になりました。

3日陰線のあと大きな陽線。しかも目安である106を突破。

いったんは戻り売りのポイントだったので、長期の売りを入れています。とはいえ、ここを上に抜けてくると目線を変えないといけないんです。この目線の切り替えが難しい。

初心者の人がよくやる過ちとして、目線を切り替えることができずに、ナンピンをしてロスカットする。

トレンド相場はレートが大きく動きますが、ロスカット率が高くなるそうです。その理由は上記のような目線の切り替えができないから。確かに、レンジ相場であれば、戻ってくるからナンピンしてもなんとかプラスに持っていける。でも、トレンド相場の場合は、一方的に動くので。。。。

確かに相場の7割はレンジ相場だと言われています。レンジ相場だけに絞ってトレードするのもいいでしょう。ですが、今がレンジ相場なのかトレンド相場なのかなんて、誰もわからないのです。

であれば、自分のシナリオと違っていた場合は素直に負けを認める。これができないと、あっという間に市場から退場することになりますよ。

では、1時間足のチャートです。

ポイントは106および上から降りてきている下降トレンドライン。

これらを上抜けすると目線は上に切り替えます。

あ、これは短期トレードの話ですよ。長期はまだ↓でみてますから。

なので、今日のトレードは、106を明確に抜けた後の押し目買い、もしくは106付近でダブルトップを付けてくるようであればショートという2つの戦略が立てれるかと思います。

ということで、今日はこの辺で。今日もいいトレードを。

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

相場分析 ドル円
adminをフォローする
FXのプロが教える初心者でも分かる相場分析 おすすめのやり方を教えます

コメント