相場分析のやり方_ドル円_0122

パーフェクトオーダー 相場分析 ドル円

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

こんにちは。今日は1月22日(水曜日)です。

今日の主な経済指標は以下の通りです。

・16時40分:カーニーBOE総裁の発言(ポンドル)
・24時00分:BOC政策金利&声明発表(カナドル)
・25時15分:ポロズBOC総裁の記者会見(カナドル)

カナダの政策金利の発表がありますね。ドルカナはあまり知られてはいませんが、取引高は通貨全体で第5位です。

通貨の特徴としては、原油などの資源通貨ではあります。さらにトレンドが長く持続する通貨としても有名なので、長期足のトレンドに沿ってトレードすれば、利益を上げやすい通貨です。

ということで、ドル円の日足です。

昨日は久しぶりに陰線がでてます。

日銀の政策金利発表および黒田さんの会見ですが、あまりインパクトはなく予定通り。さらにダボス会議でのトランプ大統領の発言ですが、同じくインパクトがなく平穏に終わっています。

それらのイベントをこなして、ちょっとドル円は息切れ状態です。

とはいえ、サポートラインになっている109.7はまだ下回っていません。

高値圏での大きな陰線には大きく2種類あります。

ひとつは上昇トレンドの押し目、もうひとつは下落トレンドへの転換です。

そのポイントとなるのが、109.7あたりではないかと見ています。

このポイントを割ってくると、短期での下落トレンドを意識せざるを得なくなります。

では、1時間足のチャートです。

1時間足では高値と安値を切り下げている下落トレンドです。

デイトレであれば、110での戻り売りでしょうが、日足が上昇トレンド中なのでできれば、109.8あたりまで引きつけてからの買いを入れたいところです。

ただ、1時間足では下落のトレンド中なのでレートにタッチしたからといってエントリーするのはちょっと危険ですよね。ローソク足の形やローソク足での高値安値の切り上げを確認してからのエントリーです。

その場合の損切は109.6あたりです。

ということで、この辺で。

今日もいいトレードを

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

相場分析 ドル円
adminをフォローする
FXのプロが教える初心者でも分かる相場分析 おすすめのやり方を教えます

コメント