相場分析のやり方_ドル円_0811

パーフェクトオーダー 相場分析 ドル円

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

こんにちは。今の時間は8月11日朝の7時です。

今週はお盆Weekで会社が既にお休みで9連休の方も多いのではないでしょうか。

日本が長期のお休みに入ると考えてしまうのが、暴落です。

GW・年末年始・お盆。過去のデータを見ると、これらの時期に暴落が起こる確率が高いのは事実です。今回もその傾向があるかもしれませんので、注意しておきましょう。

ここで来週の経済指標についてです。

経済指標は特に大きな指標(政策金利発表・雇用統計等)は必ずチェックしましょう。これらの指標で大きく流れが変わることもあるし、変動が大きいためです。指標前に新たにポジションを取るのはちょっとリスクが高いです。

というわけで、8/12~の週の大きな経済指標は以下の通りです。

8/13:英)失業率&失業保険申請件数

 

それでは、ドル円の相場分析です。

まずは昨日の相場の振り返りですが、直近の安値である105.5を割り込みました。金曜日ということで、週の持ち越しを嫌がる買い戻しがあるように見えましたが、流れは下方向。

FOMC以降ずっと下げの流れですね。急落したものは急騰すると言いますが、今のところは反発がほとんどない状態。

何があるのかわからないのが相場なので、絶対はありません。今年最安値の104円も現実味を帯びてきたのではないでしょうか。

さらに、お盆weekということで、時期も時期だけに落としてくるのでは?と思っています。したがって、トレードは戻り売りをおススメします。

では、1時間足で具体的なトレードを見てみましょう。

だらだらと下がり続けて、105.5を割ってきました。戻りがなかったのでちょっと売りでは入りにくかったです。

また、105.5で買いの指値を入れておいたのも、陰線1本で損切でした。そこまで相場が強くなかったのでしょう。

このように負ける時もあります。FXは勝率100%はあり得ませんが、如何に負けを少なくするのか、負けを素直に認めることが大切です。

ということで、考えられるトレードは以下の2つです。

①105.8で戻り売り

②106.3で戻り売り

①は直近の105.8付近に水平線が引けます。このあたりでモミモミしつつ、MA21も重なってくると、売りやすいと思います。しかし、月曜日の朝で窓がどうなっているのか。。。

②はそのままですよね。106.3は何度も跳ね返られているラインです。ここで反落するというのは考えられるシナリオではないでしょうか。

 

昨日のトレード結果

通貨:ドル円
ロング
エントリー価格 105.5
決済価格 105.3

昨日の獲得pips -20pips

累計pips 57.7pips

 

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

相場分析 ドル円
adminをフォローする
FXのプロが教える初心者でも分かる相場分析 おすすめのやり方を教えます

コメント