ボリンジャーバンドの使い方 スクイーズとエクスパンションとは?

ボリンジャーバンド FX初心者

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

ボリンジャーバンドはFXをやっている人の間ではほとんどの人が知っているテクニカルのインジケーターです。

このインジケーターはジョン・ボリンジャーというアメリカの経済学者が開発したもので、トレンド系のインジケーターと分類されています。

トレンド系とは、上昇トレンドや下降トレンドなどの相場の流れをチャート上に示唆するツールの事です。ここでは、そんなボリンジャーバンドについての説明や具体的な使い方について紹介していきましょう。

ボリンジャーバンドって知ってる~ 上下に2本のラインがあって、その中でレートが動くんだろ~

その通りだよ。

だから、上のラインで売って、下のラインで買えば永遠に儲かるって思っちゃうんだよね~

それほんとかな?それをやって、負けたりしてない?

確かに勝てる時もあるけど、負ける時に一気に負けちゃって。。。3歩歩いて4歩下がるイメージなんだ。。

だめじゃ~ん。それはボリンジャーバンドをちゃんと理解していないからだよ。

 

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドをチャート上に表示すると上下に2本のラインが表示されます。

中心には設定した移動平均線があり、その上下には中心の移動平均線に標準偏差を加味したバンドと呼ばれるラインがあります。これはこのバンドの内で為替レートが上下に動く可能性が高いことを意味しています。

また、もし為替レートがバンド内で上下に振れた場合でも、中心にある移動平均線あたりまで戻ってくる可能性が高いことも表現しています。

上下の2本のラインについて

ボリンジャーバンドの上下の2本のラインは中心にある移動平均線に標準偏差を加味したラインを表わしています。

その標準偏差は統計学的にはσ(シグマ)と呼ばれ、ある期間の約68%の確率でレートが収まる場所を±1σ、約95%の確率でレートが収まる場所を±2σとしています。

つまり、上下±2σのラインの中はレートのほとんど(95%)がこのバンド内に収まることを意味しています。

稀にボリンジャーバンドで±3σを使っている人もいますが、実際にはこの±3σのラインにレートがタッチすることはあまりなく、あまり現実的ではありませんが、めったに出ないから敢えて、逆張りとして使用するものアリかもしれません。

一般的には±2σのバンド付近での逆張りトレードは多くの人が行っている手法です。

ここでいう逆張りというと、レートが上昇して上の+ラインに為替レートがタッチしたら売り方向に、レートが下降して、下の-ラインにレートがタッチしたら買い方向にエントリーを行う方法です。

以下に実際のチャートにボリンジャーバンドを表示させたものを添付します。

水色のラインが±2σ、赤色の線が±1σです。

水色のラインが±2σ、赤色の線が±1σ

スクイーズとエクスパンションについて

ボリンジャーバンドの使い方は、上下の2つのバンド付近での逆張り的な手法が一般的によく使われていますが、ボリンジャーバンドを作ったボリンジャー氏の本を読むと少し異なることが書いてあります。

彼がその著書の中で書いている手法は、ボリンジャーバンドは狭くなったり広がったりを繰り返している。

バンドの上下の幅が狭くなった後には、レートが急激に動き、それに伴いボリンジャーバンドも急激に広がることが多く、大きなトレンドが発生することが多いと書いています。

ボリンジャー氏はその急激にバンドが広がる箇所、すなわちトレンドの初動を狙ってトレードを行うことを推奨しています。

そこで、バンドの上下幅が狭くなった状態をスクイーズと呼び、広がった状態のことをエクスパンジョンと呼んでいます。わかりやすく、以下の図で説明しましょう。

スクイーズとエクスパンション

図の上部にあるのがスクイーズです。

バンドの上下幅が他よりもだんだんと狭くなっており、真ん中の移動平均線やバンドのラインもほぼ横ばい状態です。

相場は上にも下にもいかずに、持ち合いもしくは狭いレンジ相場で、上下のどちらかに行くためのパワーをためているようにも見えます。

そのパワーが一気に解き放たれた状態が次に現れるエクスパンジョンなのです

バンド幅が上下方向に一気に広がって、レートも急激に下落して、これにより下落のトレンドがスタートしています。

スクイーズが発見できれば、その後にくるエクスパンジョンでエントリーをして大きなトレンドの初動からをゲットする。

それこそが、ボリンジャーバンドの醍醐味です。

バンドウォーク

ボリンジャーバンドは上下の2つのバンド内でレートのほとんどが収まって、上下にあったレートも中心にある移動平均線辺りに戻る傾向があります。

ですが、実際にボリンジャーバンドを表示したチャートを見ると、必ずしも中央の移動平均線まではレートが戻ってこない場合がたくさん見受けられます。

例えば、以下のように、下のバンドにそって、レートが下落していく状態です。

バンドウォーク

このようにバンドにそってレートが動いていることを、バンドウォークと呼びます。

まるでライン上を歩いているかのような感じに見えるから、このような名前が付いたのでしょうね。

先程説明したスクイーズの状態からエクスパンジョンへレートが移行した場合によく見られるパターンです。

つまり、強い大きなトレンドが発生したときには、レートは中心に戻ることなく、一気にトレンド方向へ動くことを表わしています。

例えば、レートが-付近に来たからとか、ラインにタッチしたからといって、逆張り的に買い方向でエントリーを行うと、このようなバンドウォークの罠に捕まってしまい、損切させられることになってしまいますので、スクイーズの後のエントリーには注意が必要ですよ。

なるほどね。俺がなんでいつも3歩歩いて4歩下がるのかわかった。

でしょ。ボリンジャーバンドの使い方を間違っていたことに気が付けばそれでいいんだよ~ 実際にボリンジャーバンドで利益を出している人はたくさんいる。トレンドの天井や大底を取ることも可能なんだ。Aさんも、これを機会にちゃんとボリンジャーバンドについて検証してみたら?

おう

まとめ

以上のように、ボリンジャーバンドについて説明してきました。

ボリンジャーバンドは一般的に考えられているよりも、意外に奥が深いインジケーターです。

トレンド系のインジケーターであることから、±2σ付近での逆張りよりも、エクスパンジョンを狙ったトレードを行ったほうが、よりリスクが少なく、より大きな値幅が期待できるのではないでしょうか。

 

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

FX初心者
adminをフォローする
FXのプロが教える初心者でも分かる相場分析 おすすめのやり方を教えます

コメント