ローソク足の見方 ヒゲって?種類や組み合わせ

FX初心者

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

全世界のFXトレーダーの中で人気があるチャートの表示方法として、「ローソク足」があります。

英語では、Candlestickと表記され、どのFX会社のチャートにも搭載されてあります。ぱっと見は別にあんまり意味がないようなローソク足ですが、実は物凄い秘密があり、そのローソク足を使ったトレードだけで利益を出している人もいます。

ここでは、そのようなローソク足の活用法について紹介してきます。

ローソク足ってチャート上にある黒と白のあれのこと?

そうだよ。その黒と白にも意味があって、物凄い情報が隠されているんだよ。

そうなんだ。けど、それだけで勝てるってちょっと中身を知りたいなぁ~

 

ローソク足とは

まずは、ローソク足についての説明からです。江戸時代の米商人によって、ローソク足は開発され、歴史ある日本古来のチャート足なのです。

1分や5分、1時間や4時間、1日、1週間など、ある一定の期間での「始値・高値・安値・終値」の4つの値をわかりやすくひとつのローソクの形に似せて表現しています。

以下に実際のローソク足の見方を説明します。

ローソク足とは

ある一定期間が仮に1時間とした場合、始値が3のレートだったとします。

1時間の中で最も高いレートは1の先端で高値と呼ばれ、最も安かったレートは4の先端で安値と言われます。

また、1時間の最後のレートは2の終値となります。

1時間の中で、高値と安値の間を何往復かしたかもしれませんが、このローソク足を見る限りでは、始値よりも終値のほうが高かったことを知ることができます。

では、逆に始値が終値より高かった場合はどうなるかというと、23が逆になるだけで、高値と安値の位置は変わりません。

ここで、始値が終値よりも安かった場合を陽線、高かった場合を陰線と呼ばれており、チャート上では、白と黒や青と赤などの色によって分かれています。

色自体は各FX業者だったり、設定で変えることができたりします。

陽線と陰線のローソク足を以下に記載しておきます。

ローソク足の陰線と陽線

ローソク足の買いシグナルについて

ローソク足はある一定時間の値動きを知るだけではなく、エントリーのシグナルとしても使用することが可能です。

ここでは、買いでのエントリーの場合について、どのようなローソク足の形になったらエントリーしたらいいのかを紹介します。

①大陽線

ある時間内で開始から終りまでずっと一本調子でレートが上がっているローソク足のことをいいます。

この始値と終値の値幅が大きければ大きいほど、買いが非常に強い状態と言えます。

こうなると、次の時間足もこの大陽線と同じ陽線の流れになることが多いため、買いエントリーのシグナルになります。

大陰線

②下ヒゲ陽線

ヒゲとは、高値もしくは安値の先端から始値・終値までの1本の縦線のことを指します。

下ヒゲ陽線

このヒゲに関連したローソク足が複数あり、ここで紹介する下ヒゲ陽線は買いエントリーのシグナルになります。

下ヒゲ陽線とは始値から安値までのヒゲ(下のヒゲ)が上の部分(上ヒゲと実体部分)よりも十分長くて、しかも陽線(始値よりも終値が高い)で終わったローソク足のことです。

つまり、時間内の最初のほうはレートが下の方向に推移するのですが、下からの買いの圧力が強くなり、途中でレートが急上昇して、下方向に長いヒゲを作ったローソク足のことです。

以下に図でわかりやすく紹介しておきます。

下からの買いの圧力が強くなり、途中でレートが急上昇して、下方向に長いヒゲを作ったローソク足のこと

ローソク足の売りシグナル

では、ローソク足の売りエントリーのシグナルですが、これは買いエントリーの時とは反対のことを考えればいいのです。

①大陰線

ある時間内の始まりから終りまで、ずっと一方的に売られ続けている状態です。

大陰線

②上ヒゲ陰線

始値からレートが上方向にいったんは上昇するのですが、上からの大きな売り圧力で始値を下回り、上方向に長いヒゲを作ったローソク足のことです。

上ヒゲ陰線

なるほど~ ローソク足にもちゃんと意味があって、それを元にエントリーもできるんだ。

次には反転のパターンについても紹介するよ。大きなトレンドの転換なんかにも使えるから、4時間とか日足なんかの長い足で出現すると激熱になるやつなんだ。

 

底値圏のローソク足の形

日足や週足などの比較的長い足のチャートを全体的に眺めていると、レートの大天井や大底みたいなものを確認できるかと思います。

もし、この大底や大天井で上手くポジションを取ることができたら、長期でポジションを保有するスイングのトレーダーにとっては非常に嬉しい限りです。

まずは、底値圏で出現した場合に、レートが反転しやすいローソク足のパターンを紹介します。

①十字線

その名の通り、ローソク足の形が十字になっているものです。

始値と終値が同じで横一直線となり、実体(始値と終値の差の部分)がないローソク足のことを指します。特に長い下落トレンドが続いていた場合に、レートが底値付近でこの十字線が出現したときがチャンスです。

これまで続いてきた下落の勢いがいったん止められて、買いの勢いが勝ってきてレートが反転する可能性があるためです。

十字線

②トンボ

トンボとは部活動の野球部やサッカー部がグラウンドを整備するときに使う道具です。

このトンボにローソク足の形が似ているからそう呼ばれています。始値と終値がほぼ同じレートになり、終値が高値で終わっている状態です。

どのような動きが推測されるかというと、一度はレートは下に売り込まれますが、その後に下からの買いの勢いが強く反転し、レートが高値まで上昇したというパターンです。

下ヒゲ陽線よりも、さらに強い買いのパターンで、底値圏でこれが出ると、相場が上昇へ転じることが多いです。下髭が長ければ長いほど信頼性は高くなります。

トンボ

天井圏のローソク足形について

①十字線

これは底値付近の時と同じですよね。

今までの相場の流れを変えるという意味で天井圏で出現した場合でも使えます。

②トウバ

トンボとはまったく反対で、レートが安値から始まり、安値で終わるようなローソク足のことをトウバといいます。

漢字で表すと塔婆と書きます。

途中で買いが入りレートは上昇したのですが、利確売りなどの売り圧力が強く、一気に始値まで下落したローソク足のことです。天井付近で出現すれば下落のサインとして使うことが有名です。

トウバ

まとめ

以上のように、簡単にローソク足の意味やエントリーできる足の形について紹介してきました。

ローソク足はこれ以外にも、たくさんの種類があります。1つだけではなく、2つもしくは3つのローソク足のコンビネーションで相場の反転を知るようものもあります。

それくらいローソク足は奥が深いのです。

ローソク足の形は、視覚的にも非常にわかりやすく、初心者の方でもエントリーの根拠として十分使用することができます。今後のトレードの手法のひとつとして学ぶのもいいでしょう。

熱そうだぜ。。。

 

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

FX初心者
adminをフォローする
FXのプロが教える初心者でも分かる相場分析 おすすめのやり方を教えます

コメント