FXで大切なメンタルコントロール 崩壊する前に学ぶ4つの事

FXメンタルコントロール FX初心者

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

FXはレバレッジをかけて、少ない金額を使って大きな利益を出すことが可能な金融商品のひとつです。

しかしながら、その反対に大きく資金を減らすこともありえるわけで、数千万円とかの大金を一瞬で失うこともありえます。

そんなハイリスクハイリターンのFXですが、トレードを行う上で大切なものとしてメンタルがあげられます。

先程のように大きな金額を使ってトレードするのですから、メンタルが崩壊して大幅損失になってしまうこともあります。

そこで、ここでは相場に向き合うためのメンタル管理術と題して、様々な例を挙げて紹介していきます。

FXってメンタルが大事っていうけど、ほんとのところあんまりメンタルってわかってないんだよね。

メンタルの定義とかってむずかしいからね~ けど、どうやったらメンタルが崩壊するかはわかるでしょ?それをやらなかったらいいんだよ~

 

メンタルが崩壊する原因とは何か?

メンタルがなぜ崩壊するのかについての原因を探っていきましょう。

FXにおいて、メンタルが崩壊する可能性が高いのは大きく2つの場合があります。

ひとつ目は含み損や損失が非常に大きくなった場合

ふたつ目はトレード回数が異常に多くなってしまった場合、つまりオーバートレードです。

ひとつ目の含み損や損失が大きくなった場合については、容易に想像がつきますよね。100万円の資金を元手としてFXをスタートしたとしましょう。

悪いトレードをしてしまい、損切もせずに放置した結果、気が付けば保有しているポジションが50万円のマイナスになってしまっていた。

100万円が50万円ですから半分ですよ。

普通の金銭感覚の人であれば、どうしようどうしようと途方に暮れてしまいます。100万円あったのが、たった50万円しかないのです。

トレードスキルがある人であれば、ここから挽回も可能ですが、初心者の方は完全に思考回路が止まってしまい、もうどうにでもなれという感じになってしまいがちです。

 

もしくは、騰がってくれ~とお祈り状態です。つまりトレードができる状態ではなく、メンタル崩壊というわけです。

続いてはふたつ目のトレード回数が非常に多くなる場合についてです。

これは大幅な損失を出してしまった後に、初心者の方によくあるパターンです。先程の損失をなんとか取り返そうと何回も何回も数多くのトレードを行ってしまうことです。

トレードを多くすればするほど利益を上げることができると勘違いしてしまいがちです。その結果、四六時中チャートを血眼にして見続けることになります。

 

朝から晩まで、通勤中から仕事中まで、食事中から寝ている間もチャートが気になって仕方ない。

職場でチャートを確認できない場合には、頻繁にトレイにこもってチャートを確認、食事中もスマホを片手に持ったまま、寝ている間もベッドの中でも。。。

そのような状態だと、精神的に疲れ果てて、何をやっているのかわからないって感じになってしまいます。

さらに、トレード回数が多ければ必ず勝てるわけではないのです。それすらもわからないほど異常な状態に陥ってしまいがちです。

FXってなんか怖いぜ

うん、ほんと注意しないと大変なことになっちゃうよ。車の中でもチャート見ながら運転してる人もいるって聞くし。この前なんて、タクシーの運転手がチャート見ながら運転してたよ。

FXって魔物って感じだぜ

大丈夫。ちゃんとメンタルをしっかり保てば、利益を出せる投資だよ。では、どうやったらメンタルが崩壊しなくなるかを紹介していこう

 

メンタルが崩壊しないためのコントロール法

先程説明したようなメンタルが崩壊した状態では、正直言って勝つことはほぼ不可能です。

冷静な判断がFXには必要です。自分が思うように自分の都合でチャートは動くものではありません。

メンタルがおかしな状態では、絶対にこうなるはずだ!こうなってくれ!などという主観的なものの見方しかできなくなり、トレードも雑になりがちです。

では、このような状態に避けるためにはどのようなことをすればいいかについて紹介していきましょう。

①ルールを決めて、それに従う

FXで勝つために必要なこととして、淡々とルールをこなすことが挙げられます。これは売買の手法についてよく言われていることですが、メンタルを保つ方法としても非常に有効です。

資金管理のルールを決める

1回の損失をあらかじめ決めておくのです。例えば、損切額を資金の5%以内にする等です。この損切のルールに従えば、1回の負けトレードで資金の大半を亡くすという最悪の事態を逃れることができます。

損切の額が資金の35%であれば、次以降のトレードで巻き返しが可能な額なので、損切を行ったとしてもメンタル的な負荷はそこまで高くありません。

エントリーのルールを決める

1日のうちに3連敗したらその日のトレードは控えるというルールです。

負けた金額を取り返そうとムキになってトレードを行ったとしても、冷静にチャート分析ができていないので、さらに損失を出してしまいがちです。

休むも相場という古くからの投資格言がありますが、休んでリフレッシュし、メンタルの負荷をさげることで、次以降のトレードの精度があがっていくのです。

②気分転換の時間を作る

サラリーマンや主婦の方などは、他にやらなければならないことがあり、それに集中することでFXを忘れてしまいましょう。

FXで生計を立てている専業トレーダーと呼ばれる人たちでも、朝から晩までパソコンの前に張り付いてトレードをやっているわけではありません。

日中のどこかでジムに通ったり、映画を見たりなど気分転換を必ず行っています。これは常に頭をフレッシュな状態に保つためとも言われています。

③取引のやり方を変える

しかしながら、チャートが仕事中でも気になって気になって仕方ないという人もいますよね。

実際、私もそうでした。そのような人は、指値注文や逆指値注文など使い、売買のやり方を変えてみましょう。

あらかじめ自分が予測分析した為替レートに指値注文を行うことで、エントリーや利益確定や損失確定をさせることができます。

チャートの前でハラハラドキドキするよりも、指値注文は機械的に注文を出してくれるので、使いこなせば非常にありがたいツールです。

チャートを常に見ている必要がなく、ストレスもありませんし、損失をだしてもメンタルに負荷をかけることはあまりありません。なんといっても、感情に左右されないのがいいですよね。

④ポジションを長時間保有しない

ポジションを長い間保有してしまうと、今そのポジションの利益があるのか損しているのかが気になって気になって仕方がありません。

そのような時は、短期中心のトレードに変更すればいいのです。

チャートを見ていないときには、ポジションを持たない。

チャートから離れる時にはポジションをクローズする。

こうすることで、メンタルの負荷を下げることはできます。もし利益をさらに伸ばしたいなどということがあれば、先程の指値注文や逆指値注文を利用すればいいのです。

そうすることで、安心してチャートから離れることができます。

まとめ

以上のように、FXにおけるメンタルの管理術について紹介していきました。

ギャンブルの世界では熱くなったら負けと言われています。FXはギャンブルではありませんが、同じように冷静さを失ったトレードは、一か八かのギャンブルそのものです。

自分のメンタルをうまい管理しながら、FXライフを楽しんでいきましょう。

頑張るぜ

 

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

FX初心者
adminをフォローする
FXのプロが教える初心者でも分かる相場分析 おすすめのやり方を教えます

コメント