FXのレンジ相場とは? レンジ相場の攻略手法や見極め

FXのレンジ相場とは? レンジ相場の攻略手法や見極め FX初心者

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

レンジ相場って知ってる?

当たり前だぜ。スーパーはよく行くぜ

それはレジね

・・・・・

FXでレンジ相場といえば、簡単なように言われがちですが、意外と難しかったりするのです。しかし、レンジ相場とトレンド相場は切っても切れない縁にあります。大きく利益を取れるのはトレンド相場ですが、そのトレンド相場を理解するには、レンジ相場を十分に理解しておく必要があります。ここでは、そんなレンジ相場について紹介していこうと思います。

レンジ相場とトレンド相場

株式やFXなどで相場は生き物のように動いていると言われています。

ですが、大きく2パターンに別れています。それは、トレンド相場とレンジ相場です。トレンド相場は為替レートが上か下かの一方向に全体的に動いている状態のことを言います。

例えば上昇トレンドの場合ですと、途中の上げや下げはあるものの、高値を切り上げて、なおかつ安値も切り上げている状態のこと、下降トレンドであれば高値を切り下げて、なおかつ安値も切り下がっている状態の事を言います。

これらのトレンド定義はダウ理論として、世界中のトレーダーの常識になっています。

もうひとつの相場であるレンジ相場はというと、上下に水平線があって、その間でレートが上下する相場の事をいいます。

上下のレートで挟まれる場所が箱のように見えることから、ボックス相場と呼ばれることもあります。また、市場参加者が上下どちらにいこうとしているのかわからないということから、持ち合い相場とも言います。

レンジ相場

レンジ相場が7割、トレンド相場は3割

FXの相場はレンジ相場とトレンド相場を交互に繰り返しながら作られていきます。

レンジ相場が終わるとトレンド相場がきて、トレンド相場が終わればレンジ相場になるという感じです。レンジ相場は一定の値幅の中で為替レートが上下しています。

その値幅を上もしくは下に抜けたときにレンジ相場の終了となり、次の相場が始まります。

レンジ相場の後は必ずしもトレンド相場になるわけではなく、レンジ相場の後にもレンジ相場が来たりします。ですが、仮に上昇トレンドが作られた場合、高値を更新していくのですが、その高値の更新がなくなったらトレンド相場の終わりの可能性が出てきます。

そして、安値も更新しない状態になると、レンジ相場がスタートするといった感じです。

レンジ相場って簡単そうに見えるぜ~ 上で売って、下で買えばいいんだろ?~

確かにぱっと見は簡単そうに見えるかも。けど、注意しないと大損失を出す可能性だってあるんだ。次ではレンジ相場の注意点を紹介していきますね

 

レンジ相場で注意すべきこと

レンジ相場は全体の7割を占めていると説明しました。

したがって、レンジ相場で多くのエントリーをすればたくさん稼ぐことができるのでは?と思う人も多いと思います。

さらに、レンジ相場は一定の値幅での中でレートが上下するため、値幅の上限付近で売って、下限付近で買いを行えば永遠に勝てるんじゃないのって思ってしまいがちです。

しかし、そんなに簡単なわけがありませんよね。

FXの相場で常に勝ち続けている人は投資家全体のたった10%しかいないのです。先程のようなレンジの上限下限だけで取引することも可能ですが、それにはある注意点があります。

その注意点とは、レートが上下のレンジを抜けてしまった時、つまりレンジ相場の終わりです。レンジ相場は永遠に続くものではなく、いつかはその上下のレンジを抜けて終わります。

その終わりにさえ注意すれば、レンジ相場は何度も上下の往復で勝つことができる最高の相場となるのです。ですが、そのレンジ相場がいつ終わるのかなどは推測もできませんし、誰もわかりません。その対応策として私たちができることといえば、逆指値注文を常に入れておくことです。

レンジのちょっと外側に損切のための逆指値注文を入れておく。

そうすることで、レンジを抜けた時に大幅な損失を出すことなく、あらかじめ決めておいた金額で損失を限定させることができるのです。

レンジ相場が終わった後のトレンド相場は、レートが大きく動くことが多々あります。

動く値幅はいうと元のレンジ値幅の倍以上、いや数倍以上というのもあり得ます。

もし損切のための逆指値注文を入れておかなければ、せっかくレンジ相場で稼いだ利益以上に損失を出すこともあるのです。しがたって、逆指値の注文は必ず入れるようにしましょう。

なるほど、レンジ相場ってやり方を間違うと大けがしちゃうんだな

そうだよ、一見レンジ相場って簡単そうに見えるんだけど、意外に難しい。次からはレンジ相場の攻略法について紹介していくよ

 

レンジ相場の手法について

レンジ相場の攻略法といえば、ズバリ、一定の値幅であるレンジを見極めるに限ります。

そのレンジさえわかれば、上のライン付近で売って、下のライン辺りで買えばいいのです。上のラインはレジスタンス、下のラインはサポートと言われています。

レジスタンスは抵抗という意味があり、このラインが抵抗になって、これよりも上には行きにくいですよ、サポートはその反対で、ここがサポートとなってこれより下には行きにくいですよという感じです。

ここで大切なことはレジスタンスやサポートラインなどのライン(水平線)の引き方です。下の図でちょっと解説してみましょう。

水平線

サポートラインやレジスタンスラインなどの水平線ラインは、複数の山や谷が接触する部分にラインを引くことです。最低でも2か所はタッチさせたいですよね。

例えば①は谷で②は山と2か所がタッチしているので、ここに水平線が引けます。

このラインを上抜けするまでは、レジスタンスラインですが、仮に上抜けした場合はサポートラインと変わります。

一般的にそのことをサポレジ転換といいます。

その後レートは上昇して下落します。

そして下落したレートはサポートライン付近の③で反転し、再度上昇を始めます。その後に④で2箇所の山を作ることでレジスタンスのラインが引けます。

これでレンジ相場が完成しました。

その後の動きとしては、⑤の山からレートは下落を始め、⑥の谷で上昇するという流れです。

しかしながら、レジスタンスラインまでレートが騰がってきたからといってすぐに売ってもいいのか、サポートラインまで下がってきたたら買ってもいいのでしょうか?

先程述べたようにレンジを上下に抜ける可能性もありえます。

より勝率を上げたいのであれば、サポートラインやレジスタンスライン付近で反転のサインを確認してからエントリーするのが賢明です。

では、反転のサインとはどのようなものがあるでしょうか?いくつかありますが、初心者の方でもわかりやすいのがローソク足の形です。

サポートライン付近(レンジの下ライン付近)であればローソク足で長い下髭が出た、レジスタンスライン付近であれば長い上髭のローソク足が出たといった感じです。

上髭や下ヒゲには注目しておいて損はありません。

また、買いでエントリーするときは、エントリーする前のローソク足で陽線が出現したことを確認してからでもいいでしょう。エントリーする前のローソク足の形にも注目しておくものおススメです。

まとめ

以上のように、レンジ相場についていろいろと紹介してきました。

レンジ相場がどのようなものか、どんなことに注意したらいいのかなどを知ってもらえたら嬉しいです。レンジ相場は相場全体の7割を占めていると言われています。

このレンジ相場を上手く攻略することができれば、FXの勝率も上がるのではないでしょう。ぜひ過去チャートなどレンジ相場を探してみて、レンジ付近でのトレードを検証してみてください。

 

 

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

FX初心者
adminをフォローする
FXのプロが教える初心者でも分かる相場分析 おすすめのやり方を教えます

コメント