FXでの順張りの意味とは?エントリータイミングまで紹介

FX初心者

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

【FXで順張りとは?】

FXやってる先輩がこの前、“エントリーは順張りに限るよね~” なんて言ってだけど、その順張りってどういう意味?

その先輩、FXがよくわかってますね~ 順張りってFXに限らず投資の世界では重要なエントリー手法なんだよ。順張りを征する者は投資を征するとまで言われてるますね

へー、そうなんだ。どんなのか、めっちゃ気になるぜ~

順張りって聞いたことありませんか?FXに限らず株や先物などの投資をやっている人であれば、どこかで耳にしたことがあるのではないでしょうか。順張りでエントリーしておけば負けない、順張りとトレンドフォローって同じ意味のことだよね~とか、FXを始めたばかりの人や投資初心者の人が聞いたら?マークがつくような話です。ということで、順張りって実際はどんな意味なのでしょうか?

順張りは漢字のごとく、“順に張る”です。

張るとは賭けるという意味があります。チンチロのような半か丁がみたいな博打で張った、張った~なんていうものイメージしてもらえればいいかと思います。

つまり、お金を賭けるという意味です。FXで置き換えるとエントリーのことを指します。次に、“順”とはどういう意味があるのでしょうか。順番とか順序とかに使われる言葉で、ある基準に従った物事の配列という意味があります。ここでいうある基準とは、トレンドを指しているのです。

FXのチャートを見てみると、為替レートが右肩上がりで全体的に上がっていたり、下がっていたりするの見ませんか?

その上がっている状態や下がっている状態というのがトレンドなのです。

トレンドについて後ほど詳しく説明しますが、トレンドの方向に従って、トレンドに逆らわずにエントリーすることが順張りです。トレンドに逆らわないとは、全体的に上がっている(右肩上がり)状態の時に、上がる方向にエントリーをする、つまり買いのポジションを持つことです。反対に、トレンドに逆らってエントリーすることを逆張りといいます。

 

【トレンドを理解しよう】

順張りを理解するうえで大切なトレンドをここで紹介します。

一般的に、トレンド相場とは為替レートが全体的に上を向いている(上昇)か下を向いている(下降)時のことを指します。

上を向いているときの状態は上昇トレンド、下を向いているときの状態は下降トレンドといいます。しかし、全体的に上を向いているとかちょっとわかりづらいですよね。

そもそも何をもってトレンド状態なのかがわかりにくい。チャートを見て上がってそうだなぁ~というだけでは、定量的ではありませんよね。

一般的にトレンドの定義なるものがあります。

上昇トレンドはチャートを作っているローソク足群()の高値や安値を切り上げている状態下降トレンドは切り下げている状態です。

以下に、上昇トレンドの図を例として添付します。赤丸で囲ったところが上昇トレンドです。ローソク足は上下しながらも、全体的に上を向いていますよね。

 

【順張りのコツ】

トレンドについてはなんとなくわかって頂けたでしょうか?では、先程の順張りに戻ります。

順張りとはトレンドに沿ってエントリーすることでしたよね。上昇トレンドなら買い、下降トレンドなら売りです。

では、上昇トレンドの中で買うはわかったけど、実際に買うときのコツとかはあるのでしょうか?それはチャンスを待つことです。パッとチャートを見た瞬間に、これだ!!!瞬間的に飛び乗りでエントリーする。それで利益が出ることもありますが、毎回勝てるほどFXは甘くありません。

しっかりと自分のシナリオを立てることが必要です。

待つのも相場、頭と尻尾はくれてやれという有名な格言があります。一度トレンドができるとそのトレンドはながく続く傾向がありますので、トレンド状態であることをしっかりと把握・確認したうえで、エントリーすることが重要なのです。

エントリーポイントについては、後で説明しますが、大切なことはそのポイントまで待つことです。

もうひとつは損切と利益確定の位置関係です。

エントリーする時に、あらかじめ損切や利確の位置をどこにするかを決めておきましょう。エントリーしたはいいものの、損切の幅に対して利確の幅が小さかったなんてことがあれば効率が悪いです。先にあげた飛び乗りでのエントリーにはありがちなパターンです。

最低でも利確の幅は損切の幅よりも広くして、1回のトレード効率を上げるようにしましょう。

【順張りでも勝てない場合もある】

FXを始めたばかりの初心者にありがちな話なのですが、順張りしたのに負けることもあります。5分足のチャートでは上昇トレンドだったから買いでエントリーしたのに、一度もプラスになることなくズルズルとレートが下がっていく、なんてよくある話です。

あとチャートを振り返れば、まさに天井でロングしていた、大底でショートしてしまっていたみないた感じです。

では、なぜこのようなことになるのでしょうか。

それは上位足の確認をせずに、短い足だけでトレードを行うからです。実は、4時間足や日足などの長期足でみたら、エントリーした方向とは反対のトレンドだったなんてことです。

例えば、5分足では上昇トレンドであっても、4時間足では下降トレンド中で、たまたまレートが上昇している途中だったとかです。

このようなエントリーのミスをなくすためには、少なくとも長期足のトレンドを確認するようにしましょう。日足や1時間足が上昇トレンドの状態で、5分足でも上昇トレンドを作っていれば、買いでエントリーすると勝率はあがります。

順張りって意外に奥が深いぜ~

そうだよ、簡単のように見えて意外に難しい。

そうだ、実際のエントリーポイントを教えてるって言ってなかったっけ?

 

【順張りでのエントリータイミングは?】

順張りを理解してもらったところで、実際のエントリーについて紹介します。

今回ここで紹介するのは押し目買いと戻り売りです。基本中の基本なのですが、これさえわかっていたらどんな相場でも対応できます。

上昇トレンド状態であっても、実際は細かくレートが上がっては下がり、そして上がっては下がりとローソク足群で山と谷を作りながら、全体的に上を向いて上昇していきます。

押し目買いとは上昇トレンド中の状態で下がってきたところを買う、戻り売りとは下降トレンド中の状態で、上にあがってきたら売ることです。言葉じゃわかりずらいので、わかりやすく下の図で紹介しましょう。

まず、高値と安値が切り上がっていること、つまり上昇トレンドであることを確認します。

少なくとも2つの高値と安値が切りあがっていることが条件です。高値を付けた後、レートは少し下落していきます。

落ちてきた後に前回の高値()付近のローソク足が陽線であれば、エントリーするといった感じです。わかりやすく前回の高値付近に水平線を引いてみましょう。

黄色の線が前回の高値です。

この線が抵抗となって綺麗に上昇をはじめています。これが典型的な押し目買いのパターンです。教科書通りといった感じでしょうか。このエントリータイミングだけに絞ってトレードしても十分に勝てます。

【まとめ】

FXではさまざまインジケーターがあり、それらを駆使する人の数だけ手法があると言われています。

その中で、世界中の最も多くの人に支持されている手法はトレンドに沿ってエントリーする順張りです。ここまで上がったから絶対に下がるだろうと逆張りが好きな日本人が数多くいます。

ですが、いつ反転するかわからずに冷や冷やしながら見ている逆張りよりも、大きな流れにのった順張りのほうがずっと楽でストレスもほとんどありません。

FXの順張りは最初にトレンドを確認し、そのトレンドに従ったエントリーを行います。

エントリーのタイミングは、ここで紹介した押し目買いや戻り売りを参考にしてみてはどうでしょう。

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

FX初心者
adminをフォローする
FXのプロが教える初心者でも分かる相場分析 おすすめのやり方を教えます

コメント