FXの水平線の引き方 手法やエントリーを極めろ

FX初心者

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

水平線って分かりますか?

当然だろ。地球のやつだろ

確かにそれも水平線ですが

・・・・・

チャート分析を行う上でトレンドラインと同じくらい重要なものに水平線があります。世の中には水平線のみでトレードして、しかも勝っている人もいるくらいです。チャート上には移動平均線や別ウィンドウのインジケーターはなく、線が数本水平に引かれているだけです。ものすごくシンプルですよね。シンプルだけど勝てちゃう。なにかその水平線の引き方にコツでもあるのか?と思うほどです。

ここでは、そんな水平線の引き方や活用方法について紹介していきます。

トレンドライン詳細は

fxで使う正しいトレンドラインの引き方 起点はココ

を参照ください。

水平線って横にぴーって引く線だよね。私でも簡単に引けちゃうよ。けど、あんまりその線が機能しないことが多くて。。。

水平線も単に引けばいいってもんじゃないからねぇ。まずは水平線の種類から見ていこう。

 

【サポートとレジスタンス】

ひとえに水平線といっても大きく2つのラインがあります。ひとつはサポートライン、もうひとつはレジスタンスラインです。FXをちょっと知っている人であれば聞いたことがあるのではないでしょうか。チャート分析において、非常に重要な意味をもつラインとして世界中のトレーダーがこのラインを常に探しているほどです。では、各ラインについて詳細に説明してきましょう

 

【サポートライン】

このサポートラインは日本語では下値支持線といいます。サポートというくらいですから、相場がある水準を維持(サポート)して、それ以上は為替レートが下落しないのではないかと考えられるラインのことです。下から為替レートを支えているように見えるので、わかりやすいのではないでしょうか。

以下に実際のチャートで見てみましょう。

図の赤い水平線がサポートラインです。レートが下落していましたが1回目に赤いラインで反発し、再度下落したのですが2回目同じラインで反発し、3回目も赤い線をした抜けることなくレートは上昇していきました。2度ことは3度あるではありませんが、数回支持されているラインのことをサポートラインと呼びます。

 

【レジスタンスライン】

続いてはレジスタンスラインです。日本語に訳すと上値抵抗線といいます。サポートラインと逆ですよね。レートは上に行こう行こうとしているんだけど、レジスタンスラインが抵抗になって上に行けずに結局下落してしまうという感じです。実際のチャートで確認しましょう。

赤い線がレジスタンスラインです。レートが上昇して反転したポイントを1回目とします。その後ちょっとレートが下げて再度上昇しますが1回目と同じところで反転します。ここでレジスタンスラインの出来上がりです。その後レートは大幅に下げますが、再度上昇します。しかしながら、レジスタンスライン付近でもみ合いますが、やっぱり下落するといった感じです。

なるほど、サポートラインとレジスタンスラインがちゃんとわかれば、そのあたりでトレードすれば勝てるんじゃない?

その通り。だけど、今回紹介したようなチャートの形ばかりじゃないんだよ。それより、サポートラインやレジスタンスラインはどうやって引くのかわかってるの?

高値や安値に水平線を引けばいいだけなんでしょ。簡単簡単~

まぁ、確かにそうなんだけど。。。実際に引いてみるといろいろと悩みごとがでてくるんだよ~

 

【水平線の正しい引き方】

それでは水平線の引き方について説明します。水平線は横方向に一直線に伸びる線です。誰しもが簡単に引くことができる線ですし、基準さえ同じであればだれが引いても同じ線になります。ポイントは何度でも機能することがあることです。先程のチャートで説明した通り、2度レジスタンスやサポートとなったら3度目もその可能性があるのです。つまり、同じレート付近で2度サポートやレジスタンスになった箇所に水平線を引けばいいのです。直近高値や安値付近でも水平線は引くことはできます。そうすることで、直近の相場のレンジを知ることができますが、その水平線が上手く機能するかどうかはわかりません。2度あることは3度あるではありませんが、複数回機能したレートで引かれた水平線は世界中の多くのトレーダーから注目されるラインになるでしょう。

 

【ヒゲで引く?それとも実体で引く?】

水平線はヒゲと実体とどちらで引くのかという疑問ですが、ケーバイケースではないでしょうか。何度もサポートやレジスタンスで機能すると言いましたが、すべてがピタっと同じレートにはなりません。あくまでもその付近なので、ヒゲの先端の場合があったり、実体があったりとさまざまなのです。ある程度おおざっぱである必要があります。

 

【ゾーンという考え方】

水平線は幅の狭いラインです。しかしながら、複数回が機能するラインには1本の線ではちょっと当てはまりにくいことがあります。ヒゲと実体の話ではありませんが、相場は生き物であり、再現性が毎回あるわけではなく、高値や安値にもある程度の幅があってもおかしくありません。したがって、サポートやレジスタンスはだいたいこの辺りかな?という考え方もアリです。すなわち、水平線に幅を持たせるのです。それをゾーンといいます。サッカーでゾーンプレスなんて言葉がありますが、地域とか区域とかそういう意味です。

実際にチャートで見てみましょう。以下の図を見てください。

 

赤いラインが上下に2本引けています。どちらも安値付近に引いたラインです。その上下のラインに挟まれた部分(青色の部分)がゾーンです。その後、チャートではこの青色のエリアで複数回サポートされています。相場はライン1本で綺麗にサポートやレジスタンスされないことが多々あります。そのため、このようなある程度の幅を持ったゾーンを使うことも考える必要があります。

水平線の引き方にもいろいろあるんですね。けど、実際のトレードではどんな感じで使うのがいいの?

そうだね、大きく2つの方法があるんだよ。では、それを次で紹介していこう。

 

【水平線を使ったトレードエントリーの例】

水平線を使ったトレードには大きく2つの方法があります。ひとつはサポートとレジスタンスを逆張り的に使う方法です。実際のチャートで説明しましょう。

赤い線がレジスタンスラインです。1回目、2回目と赤い線が抵抗になってレートは下落しています。そうすると、この赤い線にまたレートが来たときは、レジスタンスとなって下落するかもしれない。そう考えて、この付近で売りのエントリーをする方法です。反対にサポートライン付近では、買いのエントリーを行います。

サポートラインやレジスタンスラインは複数回機能するかもしれませんが、永遠にサポートやレジスタンスされるわけではありません

いつかはサポートラインであれば下方向に、レジスタンスラインであれば上方向に抜けることがあります。これをブレイクといいます。つまり、このブレイクしたところでエントリーするのです。複数回機能したラインであるほど、ブレイクした後はレートが伸びていくものです。これは多くの人がそのラインが重要だという認識があり、これまでと同じように反発するだろうと思っています。しかし、そのラインをブレイクすると、ポジションを持っていた人の損切をも巻き込んでいくからです。多くの人がそのラインの外側に損切を置くためです。実際にブレイクした図を下記に載せておきます。

 

【まとめ】

以上のように、水平線について紹介していきました。サポートやレジスタンスの意味がある水平線ですが、うまくチャート上で見つけることができたらラッキーですよね。そのラインを使って優位性の高いトレードができるのですから。

初心者の方でも簡単に使うことができる水平線のトレード。今後のトレードの参考にしてくださいね。

 

水平線深いぜ。。。

良かったです。。。

 

 

 

 

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

FX初心者
adminをフォローする
FXのプロが教える初心者でも分かる相場分析 おすすめのやり方を教えます

コメント