FXで高値・安値の定義、決め方について チャートから学ぼう

FX初心者

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

 

チャートの高値安値ってどこを見て判断するのさ

そうだね。正確に知っておかないとエントリーを間違えて損失につながるくらい大事だね

そ、損失。。。

そんなに驚く事でもないよ。難しくないからここでは正確な高値安値の決め方を伝えるね

損失という言葉にビビっちまったぜ

ダウ理論をふくめていろいろな分析方法の行う上で、高値と安値が非常に大切になってきます。しかしながら、実際に高値・安値ってどのように定義付けされているのだろう?と悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

チャートを見たらここが高値っぽいけど、本当にそれでいいの?などです。

他の人が引いたラインなどを見ると、自分のラインと全然違っていたりします。そのように人によって高値や安値の定義付けが異なる場合もあるのです。

トレンドラインや水平線といった重要なラインを左右する高値と安値。できることなら、多くの人と同じような値のほうが好ましいですよね。

ここでは、そんな高値と安値の定義付けについて紹介していきます。

【高値・安値の定義付けのルール化で相場が見えるようになる】

そもそも高値・安値の定義付けのルールって何のために必要なのでしょうか?

その答えは、トレンドやレンジを判断するために高値・安値が必要だからです。

もっとわかりやすく言うと、

チャートをパッと見たときに目につくのが高値や安値で、その高値や安値を使って波形が作られ、そしてチャートが形成されています。

世界中のトレーダー達はプロでもアマでも関係なく、その高値や安値を使って上昇トレンドや下降レンドやレンジ相場などのチャート分析を行っているのです。

しかしながら、その高値・安値がぜんぜん違っていたらどうなるのでしょうか?

自分だけが人とは違うチャート分析となってしまい、いつも誤った基準でトレードを行うことになります。

したがって、ちゃんとしたチャート分析(正確なチャート分析)には、高値・安値の定義付けのルール化を行えばいいのです。

ここで、トレンドとレンジについて簡単に紹介していきます。

アップトレンド・・・高値・安値が前の高値・安値より切り上がっている状態。

ダウントレンド・・・高値・安値が前の高値・安値より切り下がっている状態。

レンジ・・・一定の値幅の中でレートが上下動している状態。

このトレンドとレンジについてはそこまで難しくなく、だれでも理解できると思います。

それでは、次の画像を見てください。

この図の中に青丸と赤丸があります。どちらを高値・安値にするかによって、トレンドが変わってしまいます。

したがって、高値と安値次第によっては、アップトレンドがダウントレンドになったりと反対になりうるし、トレンドが転換するポイントも変わってきます。

つまり、高値と安値の定義付けをルール化することがとても大切だといえるでしょう。

高値や安値が違ってくればチャート分析も変わってくるだね。そんな大事なものとは思わなかったなぁ。というか、それってもしかしてトレードの成績にも影響するんじゃ。。。

正解です!意外と見過ごされがちだけど、実はものすごく大事なことなんだよ。では、実際に世界中のトレーダーが使っている高値・安値のルールを紹介しましょう

【スイングハイ・スイングローとは?】

高値と安値の定義付けのやり方のなかで、世間的によく利用され、使われているのが、スイングハイ・スイングローという手法です。

まずは、スイングハイ・スイングローの定義を下記に書いておきます。

スイングハイ

最高値を中心として、左右に6本づつの高値ができあがればスイングハイ

スイングロー

最安値を中心として、左右に6本づつの安値ができあがればスイングロー

文字だけだとちょっとわかりづらいので、以下の図をご覧ください。

この図を見てもらうとわかるように、スイングローの左右6つの足にはスイングローよりも低い安値はなく、スイングハイよりも高い高値(左右6つの足)もありません。図で確認すると、意外に簡単なルールです。

 

ここでなぜ6本なのか? という疑問がわきませんか?

その理由はいくつかあります。

ラリー・ウィリアムズという世界的に有名なトレーダーがスイングハイ・スイングローを左右6本としたというのがひとつ目の理由です。

これは彼の著書である『ラリー・ウィリアムズの短期売買法』というトレーダーには有名な書籍の中に記載されています。

もう一つの理由は、週足のローソク足が日足のローソク足5〜6本で作られているためだと言われています。

では、実際のチャートでスイングハイとスイングローを確認してみましょう。

緑〇と青〇がスイングハイ、赤〇と黄〇がスイングローです。これを見ると綺麗に左右6本で、高値と安値をつけています。つまり、高値と安値で綺麗な波形を作ることができます

なるほど。スイングハイ・スイングローって初めて聞きました。高値安値にそんなルールがあったんですね。けど、そのルールってどんな相場にでも使えるの?

そうだよ。波形がわかりやすい相場とそうじゃない相場があるんじゃ。だけど、先程のルールはどんな相場にでも使えるんだよ。

 

【複雑なチャートでもきちんとした高値・安値がわかれば整理できる】

さっき上げた図はスイングハイとスイングローが綺麗にハマったチャートでした。しかしながら、実際のチャートはというと常にキレイな波形ばかりとは限りません。複雑なよくわからない波形の時もあるし、どこが高値や安値がわからない微妙な高値・安値をつけながら、チャートを作っている場面もあります。

そんなときの一番の問題はというと『高値や安値はどこにするの?』です。

しかし、高値・安値の定義付けについてのルール化がちゃんとできていれば、焦ることなくチャート分析ができます。

では、高値や安値がわかりにくい、あいまいなチャートを下記に記載します。

実際のチャートでもよく見るような高値と安値の持ち合い相場です。

いかがでしょうか?

スイングハイやスイングローを使えば、あいまいな持ち合い相場でも、高値と安値をきっちりと判断することができました。

つまり、どんなチャートでも定義付けのルールがあれば、高値と安値を整理することができるのです。

【スイングハイとスイングローを使用したトレンドライン】

では、スイングハイとスイングローを用いたトレンドラインの引き方について説明します。

テクニカル分析の基本ともいえるトレンドラインの引き方って意外と難しいんですよね。

その理由はというと大きく2つあります。

ひとつはトレンドラインを引く正しいルールを知らない。

もうひとつは高値と安値のルール化がなされていない。

この2つのルールが自分の中になかったら、適当なラインにしかならず、まったく機能しないタダの線になってしまいます。

トレンドラインの引き方について、簡単に説明すると

「高値と高値(安値と安値)をラインで結ぶ」

です。

上昇トレンドラインの場合は安値を結んだライン、下降トレンドラインの場合は高値を結んだラインです。

そこで重要になってくるのが、正しい高値や安値の定義なのです。

スイングハイとスイングローを使って、実際のチャートでラインを引いてみてください。

トレンドラインの詳細は

FXで使う正しいトレンドラインの引き方 起点はココ

を参照ください。

【まとめ】

これまで、高値や安値の定義付けについて紹介してきました。実際に私は高値や安値の定義付けに関するルールを知って、それを十分に理解することで、安定したチャート分析が可能になり、環境認識や相場分析の精度とスピードを上げることができました。

それ以上に、自分のチャート分析に自信が持てたのも事実です。「これが正しい!」という自分なりの軸を持つことは精神的にも非常に強い武器になります。一貫性のあるチャート分析やトレードは、どんな相場にも対応できますし、トレードの成績にも大きく影響を与えるものです。

高値と安値の定義付けルールはそれくらいの重要性をもつ大切なものなのです。

これらのルールは必ずこれからのトレードの役に立つでしょう。

 

高値安値しぶいぜ。。。

別に渋くはないけどね笑

 

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

FX初心者
adminをフォローする
FXのプロが教える初心者でも分かる相場分析 おすすめのやり方を教えます

コメント