FXで使うダウ理論の使い方 トレンドはここで転換する

トレンド転換 FX初心者

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

FX初心者に限らず株式・先物トレーダーで最も重宝されている分析方法のひとつとしてダウ理論があります。初心者がダウ理論をしっかりと理解すれば負けることはない、逆に言うとこれを理解しないままトレードをして勝てるわけがないとも言われるほどです。

そんなダウ理論とはいったいどのようなものなのでしょうか?

【ダウ理論とは?】

ダウ理論はアメリカのアナリストであるチャールズ・ヘンリー・ダウが19世紀後半に発表したチャートの分析手法です。19世紀といえばもう100年も前なのですが、今もプロ・アマ問わず多くの人が使っているという世界標準の分析方法なのです。そんなすごい分析方法なら知っておかないのは損ですよね。

【ダウ理論の6つの基本法則】

ダウ理論は以下の6つの基本法則で成り立っています。

①価格(為替レート)はすべての事象を織り込む

②トレンドは短期・中期・長期の3つに分けられる

③主なトレンドは3つの段階から作られる

④価格は相互に確認される必要がある

⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない

⑥トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

多少文言は違いますが、6つの法則の中身は同じです。

①価格(為替レート)はすべての事象を織り込む

為替レートは各国の政策金利に大きく左右されます。そのため、その国の経済指標の影響を受けやすいのですが、それ以外に突発的なテロや戦争や地震などの災害の影響も受けます。つまり、これらすべての事象が為替レートに影響を与えて、結果として市場価格が成り立っていることになります。言い換えると為替レートの値動きを表現したチャートがすべてであり、チャート分析が非常に重要であることを意味しています。

②トレンドは短期・中期・長期の3つに分けられる

ダウ理論の中ではトレンドは大きく3つあります。

メイントレンドと呼ばれる長期のトレンドは、1年から数年ほど続きます。

2次トレンドと呼ばれる中期のトレンドは、3週間から3か月ほど続きます。

小トレンドと呼ばれる短期のトレンドは、3週間未満の期間です。

例えば上記の図のように、長期のトレンドの中に、レートが上がり下がりしながら中期のトレンドがあり、さらにその中に短期のトレンドがあることを意味しています。

ちなみに、トレンドとはチャートが右肩上がり、右肩下がりの状態です。もっと細かくいうと、高値と安値が切り上げて全体的に右肩上がりのチャートは上昇トレンド、高値と安値を切り下げながら、全体的に右肩下がりのチャートは下降トレンドと定義しています。

③主なトレンドは3つの段階から作られる

ここでいう3つの段階とは、トレンド初期(先行期)・トレンド中期(追随期)・トレンド終期(利食い期)の3つです。以下の図を見てください。

トレンド初期は一部の投資家がリスクを取って買いを集める時期です。

トレンド中期はレートが上昇していくのを確認した投資家たちが追随して買っていくため、さらにレートは上昇する場面です。

トレンド終期になると、トレンド初期でエントリーした投資家たちが利益確定を始め、上昇していたレートが加工を始める場面です。

利益を出しているトレーダーは先行期や追随期で買いのエントリーを行い、負けているとレーターや初心者のトレーダーは利食い期で買いのエントリーをして高値掴みをやってしまうものです。ここが勝っているトレーダーと負けているトレーダーの違いです。

したがって、トレンドのチャート分析をよく行い、なるべく追随期でのエントリーを心がけるようにしましょう。

④価格は相互に確認される必要がある

従来のダウ理論は株式において考えられたため、関連する株価と連動することを意味します。わかりやすく言うと、工業関係の景気が好調であれば、その工業用品を運ぶための鉄道関連の景気も好調になるということになります。FXに置き換えると、例えば、日経平均が好調だと、ドル円が上昇するとか、ドル円とユーロ円は同じような動きをするなどです。

⑤トレンドは出来高でも確認されなければならない

大きなトレンドが発生するときは、出来高を伴ってレートが動くことを意味します。つまり出来高を伴っていないレートの上昇や下降は一部の投資家だけが反応したダマシの可能性が高いというわけです。

しかしながら、FX市場では株式市場に比べて非常に大きいため、出来高をほとんど確認することができません。なので、FXに関してはこの部分はスルーしてもかまわないでしょう。

⑥トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

この部分がもっとも大切な部分です。これさえしっかりと理解しておけば、ダウ理論は十分といっても過言ではありません。

どのようなことかというと、トレンドが一度発生すると、転換シグナルが出現するまでトレンドは続いていくというものです。

ここでいう転換シグナルというのはどのようなものなのでしょうか?下記の図を参照ください。

ダウ理論では、高値と安値が切り上げている状態を上昇トレンド、切り下げている状態を下降トレンドとしています。この切り上げや切り下げが崩れたときが転換シグナルです。

上記の図で解説すると、レートは高値Aから高値Bへ高値を切り下げています。さらに、安値Aから安値Bへ安値も切り下げています。このような高値・安値を切り下げている状態は下降トレンドでしたよね。

ここで、高値Bを超えることなく高値Cができていれば、下落トレンドの継続となるのですが、高値Bを超えてしまった(高値の切り下げに失敗した)ので、下落トレンドはいったん終了になります。

転換シグナルとは、高値安値の切り下げを終わらせた箇所なのです。

ダウ理論でのエントリーポイント

ここでは、ダウ理論を使ったエントリーポイントを紹介してきます。ベースになる法則はダウ理論の⑥トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続するです。

まずは下の図をつかって、上昇トレンドについてのエントリーポイントを紹介していきます。

ポイントとなる箇所をa、b、c、dの4箇所にしています。

では、aからdについてどのような考えをしたらいいのかを説明していきます。

a:安値Aができて安値の切り上げは確定したが高値の更新がないので、上昇トレンドとは言えないため、エントリーなし

b:高値Aを超えてきた箇所です。安値を切りあげて高値Aのラインである①を超えています。ここで、上昇トレンドが確定しました。したがって、買いのエントリーの候補になります。

c:高値と安値の更新が確認できているので、明確な上昇トレンドです。したがって、ここも買いのエントリー候補です。一般的には押し目買いと呼ばれているところです。

d:高値Bを抜けてきたところで、上昇トレンドを継続したことが確認できます。したがって、点線②と上抜けしたdは買いのエントリー候補です。

上記のエントリーポイントについてまとめてみます。

bとd:上昇トレンドの継続確定後にエントリーする→ブレイクアウト

c:上昇トレンド中の押し目買い

特に、cのエントリー箇所は王道中の王道です。このcだけに特化しても十分な勝率が出せます。

売りの場合は、下落トレンド中の戻り売りが王道です。

まとめ

以上のように、ダウ理論とは何か?について紹介してきました。FX初心者にとってダウ理論は基本中の基本です。上手くトレンドに乗ることで大きく利を伸ばすことが可能になります。ダウ理論でのトレンドの定義を十分理解しながら、チャートを眺めていくとトレードのスキルも上昇していくのではないでしょう。

友達になってくれた方限定で、
①1回のエントリーで数百PIPS獲得する スウィングトレードの具体的なエントリーポイント
②初心者がFXで失敗しないための3つの心得
無料レポートを配布しています♪ ブログには書いていない相場のポイントなどラインアットに登録された方だけに毎月配信していきます(^^)/
自動売買ツールに関して色んなことをこのラインアットで配信します( `ー´)ノ

FX初心者
adminをフォローする
FXのプロが教える初心者でも分かる相場分析 おすすめのやり方を教えます